Q&A集

Q&A
Q&A 2018-07-09T19:48:36+00:00
椎間板ヘルニア・捻挫・脱臼・外傷・腹痛・腫瘍など色々な病気が考えられますね。動物たちは言葉を話せないので飼い主さんが感じた症状しかわかりません。そのため様々な検査をすることで病気を見つけていきます。
詳しくはこちら
皮膚のトラブルが考えられます。細菌性皮膚炎・真菌症・皮膚糸状菌症・外部寄生虫などトラブルの原因によって治療も変わってきます。まずはトラブルの原因を見つけましょう。
詳しくはこちら。
 
腫瘍の可能性もあるので来院していただいて検査をしましょう。良性の腫瘍でも放っておくと痛みが出てたり、大きくなって自壊(破裂して出血)することもあります。悪性であればどのような治療法があるかじっくりお話ししながらより良い治療法を考えましょう。
詳しくはこちら 。
外耳炎や中耳炎などが考えられます。ひどくなるとキャンキャン鳴きながら掻くようになります。痒みの原因をみつけて治療してあげましょう。
詳しくはこちら。
膀胱炎・膀胱結石・尿路閉塞など下部尿路疾患の可能性があります。トラブルの原因を見つけて迅速に治療を始めましょう。オシッコが出ていない場合は緊急疾患です。すぐ来院してください。
詳しくはこちら。
「いつもと違う…。」病気の発見にはとても大切な感覚ですね。動物は言葉が話せないので「いつもの状態」を知ることで小さな異常に気付き、病気を早期発見できるかもしれません。しかし、これだけの症状では病気を特定することは出来ません。まずは検査をすることで動物たちがなぜいつもと違うのか。それを見つけてあげましょう。
詳しくはこちら
心臓疾患・気管支炎・フィラリア症などが考えられます。飼い主さんたちが「のどに痰か物が詰まってるのか、いつも吐きそうになってる」と感じているのが咳です。咳の原因も色々ありますので検査で原因を見つけましょう。心臓疾患などはすぐに薬が必要でない場合もあります。まずは今の心臓の状態を知ることも大切です。
詳しくはこちら。
受診して下さい。寄生虫や胃腸炎、アレルギーなど下痢の原因はとてもたくさんあります。まずは便の検査をしましょう。様子を見ていると重度になったり、慢性的になると治すのに時間がかかる場合があります。早めに治療をしましょう。
詳しくはこちら。
角膜潰瘍・乾性角膜炎・結膜炎・緑内障・白内障など目のトラブルはとても多いですね。病状によって治療は変わってきます。まずは検査をして病気を確定しましょう。
詳しくはこちら。
専門のスタッフが 1 時間ほどマンツーマンでお悩みをお聞きしますよ。
詳しくはこちら。
昨年接種した月にうってください。当院では1年に 1 回の接種をお奨めしています。
詳しくはこちら。
蚊から感染する寄生虫です。感染したまま放っておくと命に関わることもあります。月に一度の駆虫薬で可愛い家族の命を守りましょう。
詳しくはこちら

その他のよくあるご質問等は、こちらから

よくあるお問合せは