本文へスキップ

名古屋市中川区 オリーブ動物病院です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.052-365-1299

〒454-0845 名古屋市中川区馬手町1-11-3

オリーブ動物病院は名古屋市中川区の動物病院です。

オリーブ動物病院は、名古屋市中川区の動物病院です。

なぜオリーブ?

旧約聖書の「神が起こした大洪水のあと、陸地を探すためにノアの放ったハトがオリーブの枝をくわえて帰ってきた。これを見たノアは、洪水が引き始めたことを知ったという一説をご存知ですか?この話から、オリーブは『平和の象徴』とされています。

私たちは、人と動物が平和に楽しく暮らしていけるお手伝いをしていきたいと思いオリーブ動物病院と名付けました。

そんなオリーブ動物病院は、動物を愛する人々が気軽におしゃべりに立ち寄れるような雰囲気作りを目指しています。

病院は「具合が悪くなったら行くところ」です。でも「病気にならない」「病気を早く見つけることで治療を受ける動物の負担を減らす」場所でもあります。
具合が悪くないのに病院に行くのはダメ?そんな事はありません。
「病気かなと思ったら違った…」すばらしい事です。

とにかくペット同伴で気軽にお立ち寄りください。スタッフ一同お待ちしていますよ。

news新着情報

11月28日
年末・年始の予定です。 こちらからダウンロードできます

11月28日
12月の獣医師不在状況です

院長
 5日(火)
15日(金)午前のみ

鈴木獣医師
 9日(土)
13日(水)
25日(月)

11月15日
寒くなるとなりやすい病気

おしっこの病気
水を飲む量が少なくなる時期は泌尿器の病気が増えます。特に猫ちゃんが多いかな。
水を飲む量が減るとオシッコが濃くなります。そのため、膀胱などに結石が出来るリスクや膀胱炎が増えます。
新鮮な水を絶やさないようにしましょう。ドライフードを食べている子はウェットフードにするだけでも水分摂取量は増えますよ。

関節の病気
寒くなってきたら朝起きてすぐは何となく動きづらそう…。
こんな事を感じている飼い主さんは多いのでは?特に高齢のワンちゃんの飼い主さんからお聞きする事が多いですね。
加齢と寒さとで筋肉も固くなりとても動きづらくなります。動物用のホットカーペットなどで保温をしてあげましょう。
ただし、高温になりすぎない、コードを咬みちぎらせないなどの危険からペットを守る事は忘れずに!!
関節を守るサプリなどを使ってあげるのもいいでしょう。

呼吸器、循環器系のトラブル
明け方よく咳をする。朝、散歩に出ると咳をする。気になった飼い主さんはいませんか?
急に寒い空気を吸い込んで咳が出たり、心臓が悪くなり始めている時期に寒さが重なり症状が悪化したりする場合があります。
7歳を過ぎたワンちゃんは現在の心臓の状況を確認しておくと良いですね。
また、あまり寒い時の散歩は控えましょう。お日様が出てきて外気温が上がってからが良いのでは。

皮膚のケア
この時期になると乾燥も厳しくなります。
乾燥に弱い肌の子は保湿をしっかりしましょう。

「気になる」事があればいつでもご相談ください。

1月1日
明けましておめでとうございます。
今年もスタッフ一同、動物大好きな皆様が楽しく、幸せなペットライフを過ごせるよう お手伝いをしていきたいと思います。
1月と2月は「お口臭いにサヨウナラ」キャンペーンをします。 
詳しくはお電話でお問い合わせ下さい。

12月29日
今年もあと少しで終わります。
オリーブ動物病院に足を運んでくださった皆様がペット達と楽しく生活するお手伝いが 出来たでしょうか?
来年も熱弁を振るう菅沼院長、優しく話しかけてくれる鈴木獣医師、いつも笑顔の看護 師、トリマー一同皆様をお待ちしております。 
 来年もよろしくお願いいたします。

11月3日
病院の前に4台の駐車スペースがありますが、
他にも地図上の青で記した場所は当院の駐車場ですので、ご利用ください。 駐車場

7月31日
募集です。
今回は、獣医師と看護師の募集です。
看護師は、経験を問いませんので、興味のある方はTELください。
獣医師・看護師、両方とも見学歓迎します。
見てみないとわからないこともあると思いますので、ぜひ!
詳細は、「求人情報」をご覧ください。

スタッフ写真

Hospital info.病院情報

オリーブ動物病院

〒454-0845
名古屋市中川区馬手町1-11-3
TEL.052-365-1299
FAX.052-365-1300
→アクセス